アイキララ

アイキララはたるみに効果あり!その理由とは

目の下用のアイショットクリーム「アイキララ」は、目の下のたるみにも効果があるということをご存知ですか?どうしてたるみに効果があるのか、その理由をご紹介させていただきます。

 

アイキララといえば、目の下のクマを改善するということで人気のクリームです。でもそれ以外にもいろんな効果があり、その中に一つが「たるみ」への効果だったのです。お悩みの方必見です。

 

 

たるみが起こる原因とは?

 

ふと気が付けば目の下や目元のたるみを発見してショックを受けた、という経験をお持ちの方も多いはずです。その原因になっているのが、「老化」「睡眠不足」「目の疲れ」などになります。ですがもう一つ「コラーゲン不足」も原因の一つだったのです。

 

目元の皮膚がとても薄くてデリケートだということはご存知ですよね。年齢とともにお肌のコラーゲンは不足し、皮膚痩せという現象が起こります。目元は皮膚が薄い分、その影響が大きく表れてしまいます。

 

水分不足になると、当然ハリや弾力が低下していきたるみにつながり、さらにそのたるみがくまへとつながってしまうのです。たるみとくまには大きなつながりがあるということなのです。

 

☆長時間パソコンやスマホを使用している
☆お肌が乾燥している
☆UV対策をしっかりしていない
☆表情筋をあまり使っていない

 

これらに当てはまる方は、目元や目の下にたるみが発生しやすくなる傾向があります。表情筋に関しては、パソコンやスマホを使用している時間が長いと、表情に変化が見られません。とくに瞬きをする回数が極端に減るので、目周辺の筋肉が衰えてしまい、目の下にたるみが発生するのです。

 

 

たるみに効く理由について

 

アイキララがたるみに効く理由は成分にあります。

 

有効成分として配合されているビタミンC誘導体の一種である「MGA」という成分が、コラーゲン生成をサポートしてくれます。さらに、コラーゲンが持つ栄養素をお肌の中にしっかりとキープさせておく働きもあります。

 

ビタミンC誘導体というのがどういう成分なのかご存知ですか?「ビタミンCと似たようなものでしょ」という声が多くあるようです。確かに間違いではありませんが、少し違います。

 

ビタミンCを補給するとき、皆さんはサプリメントや食事、飲料などから摂取されているはずです。その成分を直にお肌につけることってほとんどないですよね。ビタミンCは非常に壊れやすいので、コスメの成分として使用しても、この成分が持っている効果を十分に発揮できません。

 

そこで生まれたのがビタミンC誘導体です。ビタミンCが持つ効果をお肌にしっかりと浸透させることができます。

 

これによって、お肌の内側から新しい肌が作られていき、ハリと弾力のあるふっくらとした明るい目元へと導き、たるみも解消されていくということだったのです。

 

たるみが解消されていくことで、クマも徐々に改善されていきます。アイキララで目元ケアをすると、たるみとクマを同時に解消へと導いてくれるのです。

 

 

アイキララはどの順番で使うの?

 

この商品は目元のクリームになりますので、化粧水の後にお使いください。そのあとさらにいつもお使いの乳液を塗ってあげましょう。アイキララの成分を与えたお肌に、乳液でふたをしてあげて、成分が逃げてしまわないようにしてあげてください。

 

塗るときは指の腹を使って優しく伸ばしてから、とんとんとなじませます。目の下や目元の皮膚はとても薄いので、絶対にこすったりしないようにしましょう。かえって皮膚にダメージを与えてしまいます。

 

アイキララの効果は、実感するまでの時間には個人差があります。お肌の生まれ変わりサイクルもありますので、朝と夜1日2回使用していただいて、まずは3ヶ月続けてみてください。

 

できれば、目を酷使するようなことは避けて、十分な質の良い睡眠をとるようにしましょう。お風呂上りや寝る前のケアの時でもいいので、表情筋のエクササイズをするのもおすすめです。アイキララを使いながら、他にできることも併せておこなっていくことで、効果をより早く実感できるようになるので、実践してみてくださいね。