アイキララ

コンシーラーでクマが消えない?そんな時に見たいおすすめのランキング!

目の下のクマは女性にとって本当に大敵となります。たったそのひとつだけで周りに与える第一印象は大きく変わります。疲れて暗いイメージ、老けたイメージと良い事は何もありません。働く女性が増えた今、不規則な時間の中で生活をする事や、肉体的・精神的な疲れが溜まったりする事でクマができてしまったり濃くなってしまったりするのです。そんなクマを綺麗に隠してくれるのがコンシーラーです。しかしどんなコンシーラーを使ってもクマが消えない!という場合もあり、そんな時はどうしたらいいのでしょうか?原因や対処法をランキングにまとめました。

 

クマができたり酷くなる原因は?

 

一般的にはクマができる原因は寝不足だと言われています。本当にそれだけなのでしょうか?それだけなら、と放置して取り返しのつかない隠しようのないクマになってしまう事もあるのです。どうやらそれだけだと思っていた原因は、実は他にもあったのです。さらに、クマには種類がありました。それにより対処法も異なっていたのです。まず、寝不足以外にもクマの原因となっていたのは、ストレスや疲れ、血行不良、ドライアイや眼精疲労もあったのです。ではなぜ、肌の中でも目の周りにばかりクマができるのでしょうか?その理由は、まぶたや目の下は皮膚がとても薄い事にあります。その為に皮膚の下の血管が見えやすくなっていて、特に目の下の皮膚は卵の皮ほどの薄さなので、疲れやストレスで血液が黒ずんでいたりメラニン色素による影響で部分的に黒ずんで見えたりすると、それがクマとして認識されるのです。つまり目の周りは非常に皮膚が薄く溜まった
ダメージが現れやすい、という事です。

 

クマの種類と対処法

 

・茶色いクマ…メラニン色素の色素沈着による
・青いクマ…疲れ、睡眠不足などの血行不良による
・黒いクマ…くぼみ、へこみなどによる
以上、3種類に分ける事ができます。
まず茶色いクマの色素沈着は、洗顔などの摩擦・メイクの刺激・目をこする事・紫外線・化粧品かぶれ・乾燥からのターンオーバーの遅れが原因となり、こちらは美白効果のあるスキンケアをして対処します。中でも美白作用の高いビタミンC誘導体を配合したスキンケア用品を使う事が効果的です。次に青いクマの血行不良は、冷えやホルモンバランスの乱れ・スマホやパソコンによる疲労が原因とされるので、マッサージやパックなどで血流を良くする事が効果的です。ただし強く擦ると茶色いクマにもなり得るので、アイクリームなどで優しくマッサージをする事が大切です。そして黒いクマのくぼみなどは、生まれつきだったり加齢によるものだったり様々です。影ができる事により黒く見えたりするので、こちらはシミやアザとは違うのでありがちなのがメイクで隠そうと厚塗りをしてかえって目立ってしまうという事です。こちらは酷い場合はヒアルロン酸注入などの対処になります。それぞれ原因はありますが、共通しているのは疲れ・冷え・血行不良です。これらを少しずつ和らげるのは、ストレッチによる目の周りの筋力アップ・マッサージ・ツボ押しです。これらを負荷を与えずする為に大切なのはアイクリームの正しい使用となるのです。

 

アイクリームランキング

 

1位・アイキララ・目元の明るさがツートーン上がる。独自に開発されたビタミンC誘導体MGAの効果。通常なら肌に浸透させる為に界面活性剤を使う所、MGAはそれだけでしっかり浸透するので害のある界面活性剤が不要で真皮層までビタミンを届ける。
2位・目元とまつ毛のご褒美・他のビタミン誘導体に比べて断トツの浸透力アプレシエ配合。98%の方がリピーター。まぶたや目の下のたるみやシワにお悩みの30代〜40代に人気。
3位・アイエクストラセラム・原材料にこだわり、高価なのが一般的なアイクリームの中でもコスパ抜群。アンチエイジングに特化した効果で使いきる頃には目の周りがふっくらしてハリと弾力が戻る。
以上がアイクリームベスト3です。コンシーラーを使ってもクマが隠しきれない!と思った時にはまず自分のクマがどのタイプなのかをよく知り、より効果のある方法でクマを元から消すチャレンジをしてみてもいいかもしれません。