アイキララ

アイキララの全成分を完全解析!

 

アイキララは目元に使用するクリームです。皮膚が薄くデリケートな部分なので、成分が気になる方も多いはず。そこでアイキララの成分を詳しくご紹介させていただきます。

 

目元に使用するものは、誤って目に入ってしまうこともあります。また、肌に合わない成分が使用されている場合、様々な症状がでることが予想されます。これから購入をお考えの方は、是非この機会に成分についてしっかりと知っておいてください。

 

 

どんな成分が使用されているの?

 

アイキララの公式サイトでも全成分が掲載されています。まだご覧になっていない方もいると思いますので、こちらでもまずは全成分をご紹介させていただきます。

 

・水
・DPG(保湿性の高い成分)
・米ぬか油(優れた保湿力で油分が多め)
・パルミチン酸エチルヘキシル(シャンプーにも使用されている安全な成分)
・グリセリン(保湿剤)
・ベヘニルアルコール(水分と油分を混ぜ合わせる)
・トリエチルヘキサノイン(肌に優しい防腐剤)
・ステアリン酸(優れた保湿力あり)
・ステアリン酸グリセリル(品質を安定に保つための合成界面活性剤)
・セテス-25(乳化剤)
・ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)
・パルミトイルテトラペプチド-7(シワの改善効果が期待できる)
・クリシン(プロテインなどにも入っているフラボンの一種)
・N-ヒドロキシコハク酸イミド(カルボン酸の活性化試薬)
・ステアレス-20(石鹸などの泡立ちをよくする)
・グルコン酸クロルヘキシジン(医薬用殺菌薬)
・アンズ核油(ビタミン豊富な保湿成分)
・アボカド油(飲んでもOKなオイル)
・カニナバラ果実油(ビタミンC豊富で肌荒れ防止効果あり)
・ひまわり種子油(若返りオイルとも呼ばれています)
・ナットウガム(イソフラボン含有で女性ホルモンに似ている作用あり)
・BG(低刺激性保湿成分)
・ジメチコン(安全性の高い成分でツヤを出す効果あり)
・トコフェロール(ビタミンE)
・コレステロール
・シア脂(お肌をなめらかにし潤わせてくれる効果あり)
・エチルヘキシルグリセリン(殺菌消臭効果があり、乾燥肌にも使える成分)
・カプリル酸グリセリル(食品や医薬品にも使用される安全性の高い成分)

 

以上となっています。聞いたことのある成分もあれば、はじめて聞く成分も多いのではないでしょうか。目元に使用するクリームに配合している成分ですので、お肌への影響もしっかりと考慮した上で選ばれています。

 

これら成分のアレルギーテストは済んでいますが、それがすべての方に当てはまるというわけではありません。肌質は100人いれば100通りです。稀に何らかの異常が現れる方もいらっしゃいます。また、成分には植物性のオイルが使用されています。そういったものに対してアレルギーをお持ちの方は注意してください。

 

 

副作用はないの?

 

お肌の弱い方が特に気になるのは、副作用のことです。成分は問題なくても、やはり副作用がでるのかどうかという点が重要です。

 

この目の下用アイショットクリームは、お肌の弱い方でも安心して使っていただけるよう、着色料や防腐剤、保存料は一切使用されていません。アレルギーテストも実施した上で販売されています。

 

植物由来の成分を使用し、とてもお肌に優しいクリームですので、基本的に副作用の可能性は極めて低い物だといえます。販売してから今日(2018年4月時点)まで、重大な副作用の情報も上がっていません。

 

もし、重大な副作用があったとしたら、その時点ですでに販売が中止などになっているはずです。

 

このアイショットクリームを使用していて、赤みや痒みやかぶれなど、何らかのお肌の異常が現れたときは、すぐに使用を中止して経過を見るようにしてください。また、できるだけ早く皮膚科などの専門の医療機関で診てもらうようにしましょう。

 

副作用が起こるとすれば、お肌に合わないか、用法や用量を守らずに使用したときです。必ず使用する際は用法や用量を守って、正しく使うようにしてください。

 

 

目の下以外のところにも使えるの?

 

このアイショットクリームは、目の下のクマやたるみの解消をサポートしてくれるものです。ですが、目の下以外のところにも使用していただくことは可能です。

 

例えば、目尻の小じわ対策や、まぶたなどに塗っていただくのもOKです。ただし、クリームが目に入らないように注意が必要です。万が一入ってしまったら、すぐに洗い流すようにしてください。

 

また、塗り広げるときは絶対にこすらずに、指の腹を使って優しくのばしてから、とんとんとなじませるようにしてください。

 

アイキララはマッサージクリームではありません。このクリームを塗ってマッサージをすると目元の皮膚にダメージとなってしまいますのでやめましょう。

 

目は疲れや年齢が出やすい箇所です。日頃のケアで改善することはできます。年齢のせいにしてあきらめてはいませんか?今からでも遅くはありませんので、アイキララでケアを始めてみてくださいね。